週刊仏教タイムスに記事が掲載されました。

この記事を見られた、東京千代田区の心法寺(祐三の遺骨が分骨され、祐三一家のお墓があるお寺です)のご住職から、ご芳志をお送り頂きました。

15年前に、渡辺副園長(当時)、山田東京都新宿区職員(新宿区下落合にある祐三のアトリエを再建保護された時の責任者)、慶応大学の小野修教授と墓参りに行ったことがあります。

何か、仏縁を感じました。

祐三生誕碑移転後の様子

見慣れた風景が、また一つ消えました。一抹の寂しさを感じています。

一昨日も、地図を片手に佐伯祐三の生誕碑を訪ねてこられた年配の女性が、おられました。

園舎建て替えで、12日に撤去しました。完成までの1年半は、見学を中止しています。と、お答えしましたら、
その方は、たいへん残念そうに、帰られました。

見学に来られる方も、答える方も、やはり寂しいですね。

年明けから、いよいよ園舎も解体工事に入ります。

もっと、寂しくなりますが、新園舎への期待も大きくなるでしょう!

祐三生誕碑移築工事

11/12の朝から、石材屋が来られて3時間かけて、祐三生誕碑を抜去し、ブルーシートにくるみ、仮保存をしました。

移転に伴い、生誕碑の見学は、11/12から中止しております。

門前には、その旨掲示しました。

また、教育委員会によって、簡単なプラカード様の掲示物が用意されるとのことです。

 

園舎お別れ会

11/17(金)の園舎お別れ会を挙行します。

仏式で30分ほどの式典を考えています。

関係者(園長、本部幹部、指導部主任、事務主任)と設計・工事会社の方々の少人数で行うように考えています。

広く告示はしませんが、もし一般の方が来られたら、参列して頂きます。

佐伯祐三生誕碑の見学中止について


社会福祉法人光徳寺善隣館 中津学園の園舎横に建立されています「佐伯祐三生誕碑」の見学を令和5年11月12日より、中止させて頂きます。

中津学園の園舎の新築建替え工事のため、この12月より園舎を解体する予定です。
そのため、石碑は工事期間中、一時撤去して仮の場所に保管いたしますので、当面の間見学はできなくなります。
代わりに、正門前に祐三の説明版が、大阪市教育委員会により設置される予定です。

見学希望者の方には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、障がいをもつ子どもたちの未来のための新園舎の工事です。何卒、ご理解ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 

(社福)光徳寺善隣館中津学園 理事長佐伯祐善 園長 渡辺祐子
令和5年11月8日

祐三生誕碑の儀式

貴重な写真が、出てきました。
祐三生誕碑の建立時に、仏式の儀式をされていたようです。

年月日は、不明ですが昭和62年度内です。碑の裏の日付は、昭和63年3月と記してありました。

光徳寺は、浄土真宗本願寺派(西本願寺派)です。
導師は、佐伯祐善(中津学園理事長)です。

 

祐三生誕碑移転のための事前調査

園舎横手の祐三生誕碑の移転のための事前調査を11月1日に行われることになりました。

碑は、大阪市教育委員会が、1988(昭和63)年に、建立されました。

碑自身が、大阪市も大阪市顕彰史跡で紹介しているように無形文化財登録されていて、私ども法人が勝手に動かせないことが、判明しました。

それで、教育委員会から担当者が来て、予算措置のための事前調査をされます。

園舎の解体工事が、12月から始まる予定ですので、来年度予算となると困ります。

何とか、予備費から捻出されればいいのですが・・・