解体工事 つづき

本日は、休工日です。

写真のとおり、3階と屋根がほぼ解体されています。

今まで、見えなかった富島神社のお隣のマンションが、見えています。

予定通り解体工事は、進んでいるとのことです。

週刊仏教タイムスに記事が掲載されました。

この記事を見られた、東京千代田区の心法寺(祐三の遺骨が分骨され、祐三一家のお墓があるお寺です)のご住職から、ご芳志をお送り頂きました。

15年前に、渡辺副園長(当時)、山田東京都新宿区職員(新宿区下落合にある祐三のアトリエを再建保護された時の責任者)、慶応大学の小野修教授と墓参りに行ったことがあります。

何か、仏縁を感じました。

2階と3階、屋上の一部が解体されました。

内部解体が、始まって2週間になります。

2階と3階と屋上の一部が、解体されて内部も見えるようになりました。

3階にユンボ(小型のブルトーザー)が、揚げられました。

1枚目の正門の前に停まっているユンボを、2階にまでクレーンで揚げました。

その決定的瞬間が撮影出来なかったのが残念です。

新年早々内部解体始まる

年末から、解体作業に向けた足場組立や門扉の撤去をしていました。

が、いよいよ旧園舎内部の解体工事が始まりました。

1月末には、建物本体の解体が、予定されています。

見慣れた、門柱や窓枠が徐々に壊されていきます。

利用者が、使用していた部屋の畳が、重機の歯で掴まれてダンプカーに投げ込まれいます。

感慨深いですね。

園舎お別れ会と工事安全祈願

12月に解体工事を始めることが、決まりました。
そこで、11月17日の午後4時より、旧園舎の玄関前を会場にして、園舎お別れ会と工事の安全を祈願して、仏式(光徳寺は、浄土真宗本願寺派です)で、行われました。
参列者は、職員と学園の関係者、設計事務所CASEの担当者で行われました。

 

左より 渡辺祐子園長、佐伯祐善(理事長)、田中俊彦元理事

「大阪・関西万博」まで、後500日

今朝のニュースで、報じられていましたように、「大阪・関西万博」まで、後500日とのことです。

つまり、中津学園も後500日で完成なのですね!

でも、旧園舎を目の前に観ている限り、まだ他人事です。

たぶん、解体工事が始まれば、実感が湧くのでしょう。

祐三生誕碑移転後の様子

見慣れた風景が、また一つ消えました。一抹の寂しさを感じています。

一昨日も、地図を片手に佐伯祐三の生誕碑を訪ねてこられた年配の女性が、おられました。

園舎建て替えで、12日に撤去しました。完成までの1年半は、見学を中止しています。と、お答えしましたら、
その方は、たいへん残念そうに、帰られました。

見学に来られる方も、答える方も、やはり寂しいですね。

年明けから、いよいよ園舎も解体工事に入ります。

もっと、寂しくなりますが、新園舎への期待も大きくなるでしょう!